満雲天主の気ままなポタLife

町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテンの新メニューやイベントなどの紹介、また店主が日々感じたことも気ままに綴っております♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
こんにちは。 今年も早いものであと約3週間と、残りわずかになってきました。

そして年末年始の休業日程が決まりましたので、12月の休業日と併せて
下記にご案内させて頂きます。

年内は12/27(日)を最終営業日とさせて頂き、年明けは1/8(金)より営業を始めさせて頂きます。
今回はちょっと長めのお休みを取らせて頂きますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

◆年末年始の休業予定日 ・・・ 12/28(月)~1/7(木)

●12月の休業予定日 ・・・ 12/3(木),10(木),17(木)18(金),24(木)

このページのトップへ
明日10月21日発売の人気月刊誌「散歩の達人
11月号」にて、当店をちょこっとだけご紹介
して頂いてます♪(^^)
 
0000000017012.jpg

こんにちは。「町田 最後に炒める第3の
カレー★マウンテン」です♪
 
食べ歩きやお散歩好きの間でとても有名な、
あの「散歩の達人」の最新号は、おらが街
"町田"をテーマに、町田の食・芸術・文化に
ついて、広く深~く掘り下げて特集しており
ます。地元・町田を愛する皆さんにはきっと
必読の一冊となること間違いないでしょう♪
 
そして大変ありがたいことに、特集のなかの
一節"はしごカレー in 町田"というコーナー
にて、取材スタッフが厳選したカレー屋さん
ベスト4の中のひとつとして当店をご紹介し
て頂いてます♪(^^)
 
どんな紹介内容かは、まぁ見てのお楽しみに
して頂くとして、全体を通して"町田"に関す
る様々な面白い情報がたっぷりと詰まった、
楽しめる一冊なので、町田LOVEの皆さん
には是非いちど読んで頂きたいと思います♪
 
お買い求めは各書店および電子書籍でも購入
可能ですので、詳しくは下記サイトを
ご覧下さい。
 
http://www.kotsu.co.jp/magazine/sanpo/
 
●発行元:交通新聞社
●定価:700円(税込)
 
----------------------------------------
 
【町田 最後に炒める第3のカレー★
マウンテン】
 
http://maunten.jp
東京都町田市広袴3-1-16
TEL : 042-719-0947
 
※1:営業時間が変わりました♪
OPEN : LUNCH 11:00~14:30(L.O.14:00)
DINNER 17:30~21:00(L.O.20:30)
 
定休日: 木曜・第3金曜日
 
駐車場有3台

 
このページのトップへ
こんにちは。「町田 最後に炒める第3の
カレー★マウンテン」です♪
 
今週はいつもの木曜休みに加えて、月一休み
の第3金曜日があるので、15日・16日の連休
とさせて頂きます。
 
特に月一休みの第3金曜は、お客様にとって
は気付き難い曜日のようで、ついうっかり来
ちゃったけど、やってない!ガーン!!(^^;)
という、お客様も私もとても残念な悲劇が
今も時々起きているので、念のため事前に
ご案内させて頂いてます。
 
翌17日(土)からは通常通りの営業となります
が、特に今週末はいつも以上に準備万端で
臨む予定です!
 
というのも、先週末の3連休ではお蔭様で
沢山のお客様にお越し頂きました。
大変有難いことなのですが、じつは最終日
12日(月)のランチタイムでは、ついにカレー
のルウが全て売切れてしまう事態が起きてし
まったのです。
 
そのため、せっかくお店の前まで来て頂いた
数組のお客様をお迎え入れることが出来ず、
大変申し訳ないことになってしまいました。
 
その日は事前にいつも以上に多めにルウを
仕込んで準備はしていたのですが、実際には
想定をはるかに上回るお客様にご来店頂いた
ことで、ランチ終盤でルウ切れとなってしま
いました。痛恨の極みです!大反省です!!
 
でも不幸中の幸いで、その時のお客様は全員
とても良い方ばっかりで、事情をきちんとご
説明して陳謝すると、皆さんからご理解が得
られ、クレームも一切無く、笑顔で「また日
を改めて来まーす♪」というお声も戴けたの
で、ホント救われました。(^^;)
 
なので、今週末は同じ轍を踏まないように、
しっかりと準備して、ご来店頂いたすべての
お客様に笑顔で喜んで頂けるように、
引き続きスタッフ全員で頑張っていきたいと
思います!!
 
http://maunten.jp
東京都町田市広袴3-1-16
TEL : 042-719-0947
 
※1:営業時間が変わりました♪
OPEN : LUNCH 11:00~14:30(L.O.14:00)
DINNER 17:30~21:00(L.O.20:30)
 
定休日: 木曜・第3金曜日
 
駐車場有3台

このページのトップへ
 
20年以上の長い年月を経て、再び飲食の世界
に戻る決断へと心を衝き動かした、ある強い
理由とは...??
 
こんにちは。「町田 最後に炒める第3の
カレー★マウンテン」です♪
 
さて今回は、カレー屋がパンを作り続ける、
ある絶対に忘れられない想い出にまつわる、
こだわりの最終話となります。
ぜひ最後までお読みください。
 
これからのセカンドキャリアは好きで得意な
ことをベースに、身体の動く限り長く働ける
定年の無い仕事をしたい! 
 
という考えの基に飲食店を開く決心をした
自分にとって、その決断にはとても大きな
影響を及ぼした、ある存在がありました。
 
それは、あのオヤジさん御夫婦が営まれてた
お店、イタ飯屋さんの存在でした。
 
いつ訪れても、オヤジさんの作る全て絶品の
料理とオカミさんの心温かなおもてなしによ
って、身も心もほっこりと幸せな気持ちで満
たしてくれた、あの唯一無二の最高なお店。
 
自分もあんなお店を創りたい!
そして私たち夫婦の造る料理とおもてなしで
来て頂いたお客様全員にニッコリ笑顔で喜ん
でもらえる、そんなお店にしたい!
 
いゃ、あのオヤジさん御夫婦のお店と同じ
レベルはとても無理だとしても、せめて少し
でも近づきたい!
 
そんな強い想いが、大きな人生の決断の前に
迷い悩む自分の心を衝き動かし、覚悟を決め
させてくれました。
 
そして開くお店のスタイルとしては、その当
時からスパイスの甘美で摩訶不思議な魅力に
とりつかれ、カレー料理が得意で自信があっ
たことと、以前からこだわりの珈琲好きで、
点滴方式にて一晩かけて淹れる濃厚でまろや
かな水出し珈琲の美味しさにハマっていた事
がその選択に大きく影響しました。
 
この自分の造るカレーと水出し珈琲の美味し
さを、幅広い年齢層の方に伝え、また専門店
の型にはまらず自由に他にもパスタやピザ等
も提供していきたいという想いが合わさった
結果、自由度の高いカフェという業態にて
始めようと決断しました。
 
(その後、ある理由により今年8月にカレー
専門店として、カフェから業態を一新して
リニューアルしましたが、当時はこのような
考えで創業しました。)
 
そして、その創業を決めた時の私たち夫婦の
共通の想いとして、絶対に実現したいことが
ひとつありました。
 
それは、あのオヤジさん御夫婦が毎日丁寧に
手作りされていた、今でも日本一の美味しさ
だと確信している、あの想い出深い絶品パン
を再現して造るということでした!
 
もちろん、あれと同じレベルのものが作れる
なんて、おこがましくて考えもしてませんが
せめてあの味に出来る限り近い美味しさを再
現して造りたい。
 
そして、オヤジさん御夫婦から授けて頂いた
あの絶品パンを食べて幸せな気持ちになれた
あの時の感動を、代わって今度は私たち夫婦
が多くの方に伝えることが出来たらどんなに
素晴らしいことだろうか。
 
自分達はイタ飯屋では無く、カレーがメイン
だけど、あのパンの味はカレーにも絶対に合
うから定番的なナンでは無くて、あのパンを
造り、カレーのお供に食べてもらいたい!
 
このような想いで、開業と同時に夫婦ふたり
による、共同作業でのパン造りの長い旅が始
まりました。
 
当然ながら、レシピなんてものは全く存在し
無くて、オヤジさん御夫婦からもパン造りに
関する情報は一切聞いた事が無かったので、
すべてゼロからのスタートであり、唯一手掛
かりとなるのは、私たち夫婦があの絶品パン
を食べた時の、舌と脳が記憶している味覚の
情報だけが頼りでした。
 
「あのモチっとした食感は米粉が入っていた
のかもしれない...よし、次は米粉を○▲%
加えてみよう!」
 
「いゃ、こんな感じの食感じゃなかった...
あの生地のきめ細かくて柔らかい食感は、
もっと灰分値の低い強力粉と薄力粉も使って
いたせいかもしれない..じゃあ次の試作は
○▼と▲◎の配合率を●%でトライして
みよう!」
 
こんな感じで、時間の経過と共に徐々に薄ま
りつつある、ふたりの舌と脳が憶えている味
覚の記憶を必死に辿りながら意見を出し合っ
てレシピを想定し、その試作を味見して結果
を分析。
 
そしてその分析結果を踏まえて、また研究と
改良を重ねてあの味の再現を模索する繰り返
しが長く続きました。
 
パン作りに関しては、ふたりとも未経験のズ
ブの素人から始めたレベルで、誰にも教わら
ずに自己流の研究と実践だけで進めたことも
あって、数え切れないくらいの試作と失敗を
重ねる、まさに試行錯誤の日々でした。
 
でもそんな試行錯誤のなかで少しずつではあ
りますが、イメージに近い形のパンが出来る
ようになり、商品としてお出ししてもおかし
くない完成度のものがようやく安定して造れ
るようになったのは、レシピ開発を始めて
から約1年ほど経った頃でした。
 
あの忘れられない想い出である、絶品パン
の再現がゴールなので、【想い出パン】と
名付けました。
 
手応えはある程度掴めたものの、まだまだあ
の絶品パンのレベルには届かない、未完成だ
と思ってる気持ちは今でも変わりません。
 
いゃ、そもそも永遠に届くはずのない、ずっ
と未完成のままなのかもしれませんが、それ
でも少しでもあの味に近づきたい想いで、今
でも素材や配合を少しづつ変える改良は続け
ていて、理想のパン造りの旅はまだ終わって
いません。
 
そんななか、以前の会社の元同僚で、あの
イタ飯屋さんによく一緒に通った仲間が、
先日ふらっと店へ食べに来てくれました。
 
そして前菜やカレーをひと通り食べ終わり、
最後にトッピングで出した【想い出パン】を
ひと口食べた後に、普段から寡黙で多くを語
らない彼が、ぼそっとひと言呟きました。
 
『このパンって、なんかあのイタ飯屋のパン
みたいだな...。』
 
私『えっ、そ、そう!?あの味に近いかな?』
彼『うん、こんな感じだったよ。旨いよ。』
 
一瞬、自分の耳を疑いましたが、よく一緒に
あの店に通って、さんざんあの絶品パンを食
べて味を良く知る彼の言葉なので、身体の奥
から嬉しさがグワァーっと湧きあがって来ま
した!
 
「やってきたことは間違ってなかったんだ」
大きな手応えとちょっとだけ自信を掴めた、
そんな嬉しい出来事でした。
 
もしこの先、あのオヤジさんに再会できて、
このパンを食べてくれたら、その時に何て
言ってくれるだろうか...??
 
きっと、あのいつもの調子で、あの笑顔で、
『おっ、ちったぁ、頑張ったじゃねぇかぁ!
でも、まだまだオレのレベルじゃねぇな!』
という風に優しく突き放してくれるに違い
ないでしょう...(笑)。
 
でも当然です。当り前です。オヤジさんのよ
うな達人のレベルには誰も永遠に追いつける
はずがありませんから...。
 
こんな永遠に未完成の【想い出パン】ですが
少しでもあのオヤジさんの味に近付けられる
ように、これからも日々少しづつ改良を加え
ながら、作り続けていくつもりです。
 
そして、私たち夫婦があの絶品パンによって
感じさせてもらった美味しさの感動を、この
【想い出パン】を食べてくれた方に少しでも
感じてもらえれば、それ以上の嬉しい事は
もう他にはありません。
 
本業のパン屋さんのような量産設備は無いた
め、毎日ひとつひとつ手で捏ねて作り、一日
に10個から20個くらいしか作れないので、
すぐに売り切れになってしまう事もあります
が、もし機会がありましたら、カレーのお供
に是非いちど、ご賞味頂けると嬉しいです。
 
そして、今回のオヤジさん御夫婦との一件を
通して、私から皆さんに是非お願いしたいこ
とがあります。
 
きっと皆さんの住む街にも、お気に入りの店
や憩いの場所として大切にしている良いお店
が沢山あると思います。
 
そういった気にかけている良いお店がありま
したら、これからもそのお店をもっともっと
大切にしてあげて欲しいのです。
 
仕事が忙しくて間が空きがちになった時でも、
せめて月に一度くらいは顔を見せてあげて欲
しいのです。お店の人は貴方の元気な顔を見
ることで安心できて、貴方の『美味しかった
よ』のひと言が元気の源になり、更にもっと
美味しい料理を造ろうと頑張れるのです。
 
貴方の存在とひと言が、貴方の大切にしてい
るお店を支えています。
 
また出来れば、お店の方と何らかの形でお互
いの連絡先を交換しておいて、もし何か不測
の事態が起きた時には、双方から連絡が取れ
るようにして欲しいと思います。
 
変化の早い今の時代なので、ずっと続くかと
思えていたものでも、ほんの一瞬で大きく
変わっていってしまいます。
 
そんな時でも、何らかの形で繋がっていて
欲しい...。
 
ほんのしばらく足が遠のいてたその間に、
大切だったあのイタ飯屋さんが無くなり、
お世話になったオヤジさん御夫婦の連絡先
さえも分からないという、自分の苦い体験
から、心からそう感じています。
 
最後にもうひとつお願いがあります。
もしももしも、この記事を最後まで読んでく
ださった方のなかに、奇跡的にあのオヤジさ
ん御夫婦の所在に関する情報をお持ちの方が
いらしたら、ぜひどんな小さなことでも構わ
ないので情報を寄せて頂けないでしょうか?
 
あのイタ飯屋さんの店名は、
横浜市保土ヶ谷区天王町にあった、
「チャプチャプ」という、名店でした。
2010年3月に惜しまれながら閉店しました。
 
いつの日かオヤジさん御夫婦に再会できる。
そんな奇跡が起きることを祈ってます。
 
これまで計8回の連載にわたり、かなりの長
文となってしまいましたが、いつも最後まで
読んで頂きまして本当に感謝しております。
皆様どうもありがとうございました!
 
http://maunten.jp
東京都町田市広袴3-1-16
TEL : 042-719-0947
 
※1:営業時間が変わりました♪
OPEN : LUNCH 11:00~14:30(L.O.14:00)
DINNER 17:30~21:00(L.O.20:30)
 
定休日: 木曜・第3金曜日
 
駐車場有3台


このページのトップへ
 
オヤジさん御夫婦に再会できるかもしれなか
った細い糸が途切れて数年後のある時に迎え
た、自分の人生におけるある大きな転換点
とは...??
 
こんにちは。「町田 最後に炒める第3の
カレー★マウンテン」です♪
 
さて今回も、カレー屋がパンを作り続ける、
ある絶対に忘れられない想い出にまつわる、
こだわりの詳細について、続きをお話させて
頂きます。
 
オヤジさん御夫婦の手掛かりが途切れてしま
ったその後、年々不安定な方向に急激に変わ
りゆく世の中の情勢や、混沌として先の見え
ない仕事環境のなかで、自分のなかではこれ
から先の人生に対する漠然とした、大きな
危機感が日々膨らんでいました。
 
「このままで本当に後悔しないのか...!?」
 
「体が動く限り働けて、自由で定年の無い生
き方をしたい!」
 
「自分の本当に好きな事、やりたい事だけに
魂を打ち込んで、これからの人生を賭けて
いきたい!」
 
それは会社勤めを始めた時から、ずっと自分
の中で小さく悶々と燻っていた、姿の見えな
い何かであり、それが長い年月のなかで次第
に膨らみ、ついには自分の体を突き破って
しまう程に大きくなっていました。
 
この話はとても長くなるので、詳しくはまた
別の機会にお話させて頂きたいと思いますが
、ある一件をきっかけに会社を離れた私は、
もう誰かに雇われる生き方は止めて、自分
自身で生きる道を切り拓く決心をしました。
 
そして、その後の数年間の熟考と数々の紆余
曲折の末に辿り着いた答えは、自分の店を
持ち、飲食業をはじめる事でした!
 
傍からみると会社勤めから飲食業への転身は
唐突で無謀に感じられるかもしれません。
 
でも自分のなかでは勇気と覚悟こそ要りまし
たが、これまで歩んできた人生の道筋的には
わりと自然な流れでもありました。
 
子供の頃から料理に興味があって、6歳の頃
になぜかどうしてもうずらの卵でミニ目玉焼
きを作りたい衝動にかられて作ったのが最初
の料理で、その頃から調理への関心はどんど
ん強くなっていったようです。
 
その勢いで学生時代は自然に飲食店でアルバ
イトを始め、5年間のほぼ毎日、授業が終わ
ってから深夜まで働き、学校はサボっても
バイトは休まず真面目に通ったという、本当
にろくでもない不良学生でした(笑)。
 
ただ得られるモノも多くて、バイト先のレス
トランの厨房で鍋を振り、周りのシェフから
料理のノウハウを色々学べる環境にいたお陰
で、自然に料理の基礎は身に付き、大抵のも
のは作れる自信もつきました。
 
またお店で知り合うお客さんとの会話や交流
が楽しく、さらに職場のちょっとアブない
大人達が教えてくれる、実際の社会でのイイ
ことやイケないことの話が、とてもために
なったりと、アルバイトを通じて色々な面で
良い人生勉強を経験できたのも飲食店の魅力
のひとつでした。
 
でも当時の自分は、料理は好きだけど飲食業
を、生業として一生の仕事にする気持ちには
全くなれなかったのです。
 
若くて遊びたい盛りの学生時代に、同い年の
友達が休日に自由に遊んでいる姿を横目で見
ながら、朝から夜まで一日中お店で働く日々
が長く5年間も続いたせいで、その反動がと
ても大きく、「社会人になったら絶対に土日
の休日は一般の人と同じように遊びたい!」
という欲求が強くなったためでした。
 
当時はすべて若さゆえに、我慢して鬱積して
たエネルギーが高まり、飲食業は好きだけど
これからはサービスをする側から受ける側に
回って愉しみたいという想いでいっぱいだっ
たのです。
 
なので、学生時代から20年以上の長い年月を
経て、再び飲食の世界に戻る決心をしたのは
ある意味、料理が好きで得意な自分にとって
は自然であり、また必然だったのかもしれま
せん。
 
ただ実は、その好きだ得意だということ以上
にもっともっと大きくて、心を衝き動かす、
ある強い理由がありました。それは...??
 
この続きは、また次回お話させて頂きますね♪
 
早く話の続きを知りたいという、嬉しい応援
コメントも沢山戴いてるなかで、連休で忙し
くなり、一日どっぷりと厨房に浸かる日々が
続いているため、なかなか続けて掲載できな
いことを申し訳なく思ってます。
 
こんな調子でもうあと少しだけ続くかと思い
ますが、気長にお付合い頂けるとありがたい
です。(^^)
 
引続き皆さんの温かい「いいね!」や「シェア」
で、応援の程よろしくお願いします!
 
長文にもかかわらず、いつも最後まで読んで
頂きましてどうもありがとうございます!
 
http://maunten.jp
東京都町田市広袴3-1-16
TEL : 042-719-0947
 
※1:営業時間が変わりました♪
OPEN : LUNCH 11:00~14:30(L.O.14:00)
DINNER 17:30~21:00(L.O.20:30)
 
定休日: 木曜・第3金曜日
 
駐車場有3台 このページのトップへ

FC2Ad

Information

町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテン
  • Author: 町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテン
  • ■公式ホームページ・・・  maunten.jp

    ■Twitter ページ・・・  maunten_cafe

    ■facebook ページ・・・  mauntencafe

    町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテンは、スパイスにこだわる小さなカレー屋さんです♪

    カレーは、数十種類の多種多様なスパイスと新鮮な香味野菜を調合して創る、すべてオリジナルの本格カレーです。
    またお食事の後には、厳選した深煎り珈琲豆をクリーンな水で8時間以上かけてドリップした、本格ダッチコーヒー(水出し珈琲)や、挽きたての新鮮な豆をハンドドリップにて丁寧にお淹れした温かい珈琲をお愉しみいただけます♪

    町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテン
    ■最寄駅: 鶴川駅 (小田急・小田原線)
    ■住所: 〒195-0056 
           東京都町田市広袴3-1-16
     
    ■駐車場:お店の道路向かいに、専用駐車場として3台分あります。また状況により更にプラス2台分を駐車できる場合もあるので、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。
    ■電話: 042-719-0947
    ■ホームページ・・・  maunten.jp 

    ■ブログ (満雲天主の気ままなポタLife) : http://maunten24.blog.fc2.com/
    ■メールアドレス:mcs@maunten.jp 
    ■営業時間:11:00~21:00(L.O. 20:30)
    ランチタイム ・・・11:00~14:30(L.O. 14:00)
    ディナータイム・・・17:30~21:00(L.O. 20:30)
    ■定休日:  木曜日・第3金曜日

Search

Calendar

06 « 2017/03 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテン

Author:町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテン
■公式ホームページ・・・  maunten.jp

■Twitter ページ・・・  maunten_cafe

■facebook ページ・・・  mauntencafe

町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテンは、スパイスにこだわる小さなカレー屋さんです♪

カレーは、数十種類の多種多様なスパイスと新鮮な香味野菜を調合して創る、すべてオリジナルの本格カレーです。
またお食事の後には、厳選した深煎り珈琲豆をクリーンな水で8時間以上かけてドリップした、本格ダッチコーヒー(水出し珈琲)や、挽きたての新鮮な豆をハンドドリップにて丁寧にお淹れした温かい珈琲をお愉しみいただけます♪

町田 最後に炒める第3のカレー★マウンテン
■最寄駅: 鶴川駅 (小田急・小田原線)
■住所: 〒195-0056 
       東京都町田市広袴3-1-16
 
■駐車場:お店の道路向かいに、専用駐車場として3台分あります。また状況により更にプラス2台分を駐車できる場合もあるので、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。
■電話: 042-719-0947
■ホームページ・・・  maunten.jp 

■ブログ (満雲天主の気ままなポタLife) : http://maunten24.blog.fc2.com/
■メールアドレス:mcs@maunten.jp 
■営業時間:11:00~21:00(L.O. 20:30)
ランチタイム ・・・11:00~14:30(L.O. 14:00)
ディナータイム・・・17:30~21:00(L.O. 20:30)
■定休日:  木曜日・第3金曜日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。